元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋
雨上がり

屋内 1階リビング        0.08
   二階寝室(子供部屋)   0.11-0.12
   二階寝室(本来の寝室) 0.12
屋外                 0.19-0.20

前回のエントリーで触れました黒い粉は藍藻類が乾燥したものだったようですね。(2012年2月23日放送の報道ステーションより)

藍藻がカリウムと混同してセシウムを取り組むことで放射性物質が濃縮され、高い放射線を検出したのではないか、とのこと。乾燥すると非常に軽く、風で移動し易いそうです。
藍藻が生息し易い水はけの悪いところはただでさえ高線量ですから、ホットスポットでも藍藻による放射性物質の濃縮、乾燥による再飛散がありそうです。

α線核種については諸説あるようで、今の段階では触れません。

今までは使い捨ての子ども用マスクを使用していたのですが、子どもが嫌々使っていたのでこちらを用意。
毎日喜んで自分からつけてくれるようになりました。







母からピアノ発表会のドレスをプレゼントしてもらいました。
娘が発表会前に一度、ヘアをセットしてドレスとのバランスを見たいと…
花嫁かっ!

単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋

屋内 1階リビング        0.08-0.09
   二階寝室(子供部屋)   0.12
   二階寝室(本来の寝室) 0.13
屋外                 0.19-0.20

春休みの九州行きのチケットを手配しました。
今回は9日間なので費用対効果はいかがなものか、ともおもったのですが、入院中の祖母のお見舞いにかこつけて航空券代を援助してもらえるので行ってまいります。子ども達も外で思いっきり駆けずり回れるので楽しみにしているようです。

ここのところハローワークにいったり、キャリアコンサルティング会社との面談があったり、健保年金関係で役所に行ったりと退職周りの手続きに多少忙しく過ごしています。

そんな中で気になるブログを見つけました。

http://ameblo.jp/rvf400-1014/entry-11165562741.html

相馬市の消えない夜さんのブログです。

鉛等のバックグラウンド遮蔽なし、CPMではなくあえてなじみのあるμSv/hでの計測、試料は片手に収まる程少量。

インスペクターβα遮蔽で7.919μSv/h
インスペクターα遮蔽で164.1μSv/h
インスペクター遮断なしで234.8μSv/h

α線を出す核種を含んだこの黒い粉とはいったい何なのか。



ポートフォリオ形成完了前に、日銀の量的緩和・・・
前々日に外貨建ての投資を二割ほど組み入れていたのは幸いでしたが、狙っていた株は軒並み上に行ってしまいました。目をつむって乗るべきか。
単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋

屋内 1階リビング        0.08-0.09
   二階寝室(子供部屋)   0.12
   二階寝室(本来の寝室) 0.13
屋外                 0.20

1月末日付けでやっとこ退職しました。

当初は7月の中旬を最終勤務日、有給消化しながら夏休みは九州で過ごし、そのまま9月の中旬に退職を予定していました。
ところが退職届を提出する前に会社のリストラ策が発表され、うまく応募することができました。夏休みは予定通り九州で過ごし、9月は出社となったものの10月から1月までは有給の命令休暇、割り増し退職金&会社都合退職になりました。今までの兼業主婦生活が報われたようで、感慨深いです。

早速いくつか証券口座を開設して、トレーダー生活再開です。
といいつつ、資産の半分は元本・利金保証の仕組預金に長期預け入れ、3割は豪ドル建債権&ブラジルレアル建債権&世界各国の不動産投資に、2割を株式にと思っています。
日本国債暴落の噂があるので、今長期で預金して資金を拘束してしまうのも(国債が下がると金利が上昇する)もったいないかなともおもうのですが、資産の半分でインフレリスクを吸収できるのでこのままいこうと思っています。

単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋


21時40分より計測
屋内 1階リビング        0.09
   二階寝室(子供部屋)   0.14-0.15
   二階寝室(本来の寝室) 0.13-0.14
屋外                 0.22-0.23

茨城の線量が上がってきている、との情報を得たので計測してみました。
降雨時は普段より高めに計測されるのでもう少し様子をみたいと思います。
単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋

屋内 1階リビング        0.08-0.09
   二階寝室(子供部屋)   0.12
   二階寝室(本来の寝室) 0.13
屋外                 0.18-0.19

上記計測は昨日のものです。

個人の方の測定で八王子の雪からセシウム・ヨウ素が検出されたとの情報がかけめぐっているようですが、鉛やビスマスのスペクトルと読み間違いしているのではと思っています。今回の雪に関しては通常通りの警戒です。
放射性降下物の増加が気になっていたので、通学の際には子どもにマスクをさせているのですが、今日は湿度もあるのでマスクなしで通学させました。
降下物の増加、瓦礫とゴミの焼却が原因の可能性が高いとの武田先生からのコメントがありました。
ヨウ素の不検出、原発からの風向き・風の強さと降下量の増加が比例しない云々もこれで説明ができそう…と素人ながら納得できるような。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。