元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
単位はμSv/h、胸の高さ、
アルミ缶にいれたDRM-BTDをジップロックに入れて
安定を待ってから数値を80個取得し平均した値を掲載

松戸市中心部よりやや北西の木造家屋
雨 風、中程度

屋内 1階リビング 0.09~0.21 (平均値0.152)
屋内 2階寝室 0.12~0.23 (平均値0.183)

屋外 0.24~0.33(平均0.293)

高圧洗浄機で外壁家の周囲のアスファルト、コンクリを
洗剤とともに洗浄しました。
二日かけて作業時間は6時間程度。

定点観測屋外の下のアスファルトを洗浄したので屋外の数値が減少しています。
因みに、そこから10mほど離れた場所では0.365で通常通りの数値かと。
2階も屋根は手が届く範囲でに洗浄でしたが、0.23前後で推移していましたので
効果があった様に思います。
このまま効果が持続するのか、観測を続けて見守りたいです。

実際の地表、外壁の数値の比較は路面が乾いてからにしたいと思います。

今日は家族でカラオケ。
小金高校前で0.423μSv/h







さすが高圧洗浄機、明らかに効果有りで下がってますね。
素晴らしいっす‼

2011.05.29 19:32 URL | キャプテン・ジャック・スパロウ #- [ 編集 ]

屋根の除染について検索してブログ拝見しました。
当方は茨城県南の地区13年木造一戸建てです。これまでは高圧洗浄機で玄関周りやアプローチ周りを除染、室内は廊下・壁・窓を中心に念入りに雑巾がけしていましたが、外壁と屋根は気になっていたものの手をつけていませんでした。

5/28まで自宅の周囲は概ね0.23~0.28μSv/h、自宅1Fで0.14~0.17μSv/h、2Fは0.17~0.21μSv/hとなっていて、2Fの高い数値が気になっていました(すべて地上1m地点で測定)。

福島県の事例を幾つか見て、屋根の上の除染を決意し本日(5/29)決行しました。洗浄機の飛沫がスゴイので、敢えて雨天の本日に決行しましたが、正解でした。我が家は2方は道路と駐車場になっていますが、他の2方は隣家で横が2mくらい、他方は庭を挟んで6mくらいは離れていますが、それでも屋根の端の方を清掃していると、けっこうな飛沫が飛びます。

恥ずかしながら新築以降屋根の清掃はしていなかったため、かなりの汚れがとれましたが、測定数値も高かったです。

屋根材はコロニアルで、かなり苔が多かったのですが、苔の表面でβ値が93~98CPM(/c㎡)、10cm程度上のγ線量は0.47~0.52μSv/hもありました。これを除染したところ、表面β値は28~40CPM(/c㎡)、10cm程度上のγ線量は0.28~0.37μSv/hと、かなりの改善がありました。

飛沫には結構な泥状の砂が混じっていて、風のせいもありますが既に除染をしたベランダにもひどく汚れが落ちたので、清掃し直しました。

ちなみに、2Fの測定値は0.16~0.18μSv/hと若干改善しました。

測定値を表面と空間線量に区別しているのは、当方手持ちのカウンターが表面汚染と空間線量を別々に測定する仕様になっているためです(機種はRADEX RD1008)。
β線源も除染しておかないと、β線が遮断された際にx線を発生させるので念のために双方の値を記載しました。

以上、ご参考にしていただければ幸いです。

2011.05.29 21:04 URL | Taku #lFCZWnXg [ 編集 ]

この結果は良い方向ですね。

屋根の掃除は、やはり危険を伴うのでなかなか難しいですが、屋根の洗浄も効果があるということですね。

出来ることから少しづつやっていけば、線量も比例して少しづつ減って行くことを実感した結果でした。

よし私もどんどん出来ることからもっと掃除しよう!

2011.05.29 21:17 URL | パパ #GCA3nAmE [ 編集 ]

キャプテン!
この状態が続くといいのですが。今日の雨で周辺から放射性物質が流れて来て元の木阿弥だったら悲しいです。
ただ外壁やベランダは傘や外干し実験の結果から一度の除染でいいのかなと思っています。

Taku様
コメントありがとうございます!
屋根の上に登られたんですね。うちは絶対無理だと言われてしまいました。因みにどの様にして登りましたか?
ベランダからハシゴだと、うちの場合よじ登る感じになり危険とのことでした。
数値も細かく載せてくださって感謝です。
これを見るとなんとしても屋根はやるべきと思いました。

パパ様
少しでも前進している感が、精神的にもいい様です。今日はよく眠れそうです。

2011.05.29 21:45 URL | minaminamin #- [ 編集 ]

屋根の上り方ですが、2段式のプッシュアップ式のハシゴをアマゾンでポチりました。

幸い、2Fベランダからハシゴをかければ全長4mもあれば十分でしたので、登り降りの時だけ家族に足元を支えてもらいました。洗浄機の本体はベランダ置き、庭のホースから給水です。高圧ホースは延長ホース購入していたので、計11mで十分でした。

念のために命綱付きのベルトを購入したものの、ロープ長が1.5mしかなく、延長してもつけるとこがなかったので、結局は釣り用長靴にすべてを託して作業しました。
雨の中なので、趣味の登山で使っているカッパを着用してました。もしかしたら、なんちゃっての登山経験が活きたのかも知れません。

最初はメチャメチャ怖かったですが、汚れが落ちていく快感が勝り、5時間ほど屋根の上で作業し続けました。
さすがに屋根の端はなるべくノズルを近づけて自分はそれほど端の方に行かないようにしてました。前のめりになるのは危険なので注意が必要ですが、屋根の端の手前には必ずL字型の金具のようなモノがついていて、片足をそこにかける感じでの作業に。ただ、どの程度の強度があるか不安でしたのでなるべく体重はかけないようにしました。

先ほどまで風が強くて部屋の中の測定値が不安定だったのですが、このコメント書いている間に風が止み、いままで2Fでは見たことのない0.15μSv/hで安定しています。
これが屋根の除染の成果と信じたいです。。

2011.05.29 22:36 URL | Taku #lFCZWnXg [ 編集 ]

Taku様
詳細ありがとうございます。
夫に見せて再トライするか決めてもらいます。
洗剤は使われましたか?
外壁、アスファルトとも使用した感想ですが泡切れが悪く、いつまでもヌルヌルする印象でしたので使わない方がいいかもですね。
あと一つお聞きしたいのですが宜しいでしょうか。
私の線量計はα、β、γを検出します。μSv/hで表示させたいのでアルミ缶に入れて使用しているのですが、地上1mで0.35、同地点地上1cmで0.7の計測結果を見るとβの遮断が全く出来ていない様におもえますが、いかがでしょうか?

2011.05.29 22:51 URL | minaminamin #- [ 編集 ]

回答遅くなりました。。
まず屋根の件ですが、洗剤は使用しておりません。飛沫の問題も考慮して水だけで洗浄しました。また、登り方の件ですが私の場合はよじ登るとまではいかないですが、はしごが結構な急勾配になりました。
それよりも、屋根の勾配は家によっても異なるので無理はしない方が良いかも知れません。

コメントが長いと不正投稿と判断されるのか、ガイガーカウンターのご質問への回答が入らないので、分けてコメント入力します。

2011.05.30 00:31 URL | Taku #lFCZWnXg [ 編集 ]

先の続きです。ご質問の件ですが、
α線はセンサ部分が異なり、かつ該当各種が存在しないため無視
γ線による空間線量(μSv/h)を見るためにβ線をアルミ缶で遮蔽
ということですよね。その上で、

「地上1mで0.35μSv/h、同地点地上1cmで0.7μSv/hという極端な値の上昇はβ線が十分に遮蔽されていない可能性があるのではないか?」という疑問と理解しました。私の意見としては「十分かどうかは不明だが遮断されている」と思います。

私も専門家ではないですが、一般的に「線量は線源までの距離の2乗に反比例する」(Wikipedia:「被曝」より)そうなので、理屈的にはある線源Aから1cmの場所の線量がaとした場合、Aから100cmの地点bの線量はa/10000となるはずです。但しここで2点ほど考慮する必要があるのは、
①このときの距離の単位のとり方がcmでよいのか?
②現実的には地点aでもbでもその他の線源からの放射線の影響を受けているため、純粋に線源Aからの影響のみを距離の長短では評価できないのではないか?
ということです。

また、DRM-BTDのマニュアルを見たところ、μSv/hの表示をするためにはUtility Menu2にて"counts per second and microsieverts per hour"を選択すると記載されています。

ところが、Environmental Area Monitoringの箇所では、CPSモードは空間線量にはお勧めできないと記載されています。また、以降の説明では急激な値の上昇に疑問がある場合にはタイマーを使用して5分または10分のカウント値の平均をバックグラウンドカウント値の平均と比較してみるように記載してあります。

私はこの機種を持っていないため、予測でしかありませんが、Utilityのメニュー内容を見るかぎりでは、μSv/hの表記をさせるためにはCPSモードがセットとなっており、CPS(counts per second)であるが故に瞬間的な大きい値が表示されるのではないでしょうか?
また、同じくUtilityメニュー1のAuto avaragingもOffとなっている場合は安定値とはならないと思います。

あまり良く知らないため、的を射ていない内容であったら申し訳ございませんが、私の意見までです。

マニュアル原文を引用するとどうしても投稿できませんでした。私が参照したのは以下のマニュアルです。
http://www2.vernier.com/booklets/drm-btd_2.pdf

2011.05.30 00:40 URL | Taku #lFCZWnXg [ 編集 ]

Taku様
この様な時間までお時間を割いて頂いてありがとうございます。また、私の拙い質問内容をしっかりと汲み取ってくださって感謝です。
まず、機種の設定ですがAuto avaragingはONになっております。また、値がふらつく(屋外地上1mで0.25~0.46の変動)為計測の際は必ず安定を待ってから数値を80個取得し、自分で平均値をだすことで対応しています。
Taku様の「線量は線源までの距離の二乗に反比例する」からの説明で十分納得いたしました。
うろ覚えで「放射線の強さが距離の二乗に比例」と理解していて、放射線がGM管に入りカウントされる回数事態はあまり変化ないもの勘違いしていた様です。
洗剤の件、洗剤の飛沫まで我が家は気が回らずでした。住宅密集地なので反省です。

2011.05.30 01:06 URL | minaminamin #- [ 編集 ]

うむ・・・案の定か...松戸市の測定のページに残念な文章がありました。

Q2 子どもを学校の校庭で遊ばせるための目安は? 

文部科学大臣は、5月27日、福島県内の学校などで放射線量を低減させるための当面の対応を発表しました。それによると、学校での屋外の活動を制限する放射線量の目安は、これまでどおり年間の累積で20ミリシーベルト以下としながらも、今年度は、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指すとしています。そして、土を取り除くことで放射線量を下げる効果が見込まれるとして、放射線量が1時間当たり1マイクロシーベルトを超えた学校を対象に、土を取り除く費用のほぼ全額を国が負担することを発表しました。
 松戸市で測定している各測定地点とも、1時間当たり1マイクロシーベルトを下回っています。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/index/kurashi/bousai_bouhan/bousai_jyouhou/0311shinsai/suidou_taiki/housyasen.html

確かに時間あたりは下回ってるけど、家にいる時間と外にいる時間を足せば年1ミリ以上になってしまうんですよね。

minaminamin様の数字を使わせて頂くと
仮に室内16時間、外8時間(外部被ばくのみ)とすると。

(1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)
室内0.15マイクロシーベルト/h×16時間×365日=876マイクロシーベルト
室外0.29マイクロシーベルト/h×8時間×365日=846.8マイクロシーベルト
合計876マイクロシーベルト+846.8マイクロシーベルト=1722.8マイクロシーベルト≒1.72ミリシーベルト

外部だけで1.72ミリですからね、3月の放射線量高かったときや内部被曝も考えれば、もっと高い値になると思います。

市などにはメールしていますが、もう少し踏み込んだ対応をしてほしいものです。

2011.05.30 14:43 URL | パパ #GCA3nAmE [ 編集 ]

パパ様
私も思うところがあって、現在の放射線量での一年間の被ばく量を計算してみました。外部被ばくのみでこの水準だと、安心して子供を育てていけない環境ですよね。

2011.05.30 22:58 URL | #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://matsudogeiger.blog97.fc2.com/tb.php/84-72c1ffd8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。