元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大分前に、第二子出産時の臍帯血を民間の臍帯血バンクに預けた、ということを記事にしたのですが、最近数名の著名人が白血病を患っているとニュースになったからみからか、「さい帯血 放射能 白血病」のキーワードでこちらのブログを訪問されている方が増えているようです。

当時(5年前)は海のものとも山のものともつかない、移植例が0件だった某民間臍帯血バンクでしたが、今では移植例が6件(保管数は24000件)。米国の主要民間バンクの保管臍帯血は、約400件が治療に使用されているそうです。
白血病や再生不良性貧血、免疫不全の治療や再生医療(臨床段階)に利用でき、また兄弟姉妹親子間でも利用出来るそう。HLAの型が一致する確率は他人同士では数万から数千万分の1ですが、本人の両親は約1000分の1、本人の兄弟は4分の1とのこと。

ちなみに利用している臍帯血バンクはGoogleで「臍帯血」で検索すると一番上に表示されるところです。震災後1,2ヶ月して、保管している臍帯血は問題なく預かっているので心配ないですといった趣旨の連絡もきました。

当時はネットでの評判も芳しくなかった(保管体制への疑問、営利目的、どうせ使えない等)のですが、それでも利用に踏み切ったのはなぜだかあまり覚えていません。長女入院の際に重い病気を抱える子ども達と親御さんにたくさん出会ったこと、米国での実績、株で臨時収入があったこと等々で為念で利用したのかな?
預けている臍帯血を利用する状況にならないことが一番ですが、5月6月のホットスポット疑惑で喧々諤々、戦々恐々としている時分にほんのちょっと心の保険となったことは事実です。

これから出産を控えている方がいらっしゃいましたら、参考になればと思います。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://matsudogeiger.blog97.fc2.com/tb.php/188-d0b75385

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。