元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111028/trd11102811270011-n1.htmより引用

食品中の放射性物質の基準値について、小宮山洋子厚生労働相は28日の閣議後会見で、現行の暫定基準値で定められてる放射性セシウムの許容上限の年間5ミリシーベルトを、今後検討が予定されている新基準値では、年間1ミリシーベルトに引き下げることを明らかにした。新基準値は、来年4月をめどに適用するとしている。

 小宮山厚労相は「さまざまな課題について審議会で科学的知見に基づく検討を精力的に進め、多くの国民に納得していただく新たな基準値を設定し、円滑に実行に移していきたい」と述べた。

 食品に含まれる放射性物質の健康影響について検討していた食品安全委員会が「おおむね生涯累積100ミリシーベルト以上で健康への影響が見いだされる」などとする評価書を厚労省に答申したことを受けた措置。同省は、原発事故後に急(きゅう)遽(きょ)設けた暫定基準値に代わる新基準値作りの検討を、31日から始める。

 厚労省は、年間1ミリシーベルトの設定について、(1)これまでのモニタリング検査の結果から、多くの食品で放射性セシウムの検出濃度が低下傾向にある(2)食品の国際規格を作成しているコーデックス委員会の指標で、年間1ミリシーベルトを超えないよう設定されている-などから判断したとしている。

 今後は、大人に比べ放射性物質の感受性が高いとされる子供に対し、具体的にどのように配慮するのか▽1ミリシーベルトを食品ごとにどう割り当てるのか▽ストロンチウムなど放射性元素をどうするのか-といった点について検討する。


引用終わり

今の年間5ミリシーベルト(外部、内部あわせて)の基準値を内部被ばくのみで年間1ミリシーベルトとする動きがあるようです。それにしても4月の製造(&収穫?)からが目処とは。低下傾向にあるから基準を下げるって、順序が逆じゃないでしょうか。

参考までに各国の基準値


アメリカ法令基準0.111 Bq/L
ドイツガス水道協会0.5 Bq/L
ウクライナ(セシウム137) 2 Bq/L
WHO基準 ヨウ素131 10 Bq/L,セシウム137 10 Bq/L
ベラルーシ10 Bq/L
国際法 原発の排水基準値 ヨウ素131 40 Bq/L,セシウム137 90 Bq/L

日本の暫定基準値(乳児) 100 Bq/L
日本の暫定基準値 セシウム137 200 Bq/L ,ヨウ素131 300 Bq/L

食品
ベラルーシ(子供) 37 Bq/kg
ウクライナ(野菜)セシウム137 40 Bq/kg
ベラルーシ(野菜) 100 Bq/kg
コーデックス(Sr90,Ru106,I131,U235の合計) 100 Bq/kg
アメリカの法令基準170 Bq/kg
これまでの日本の輸入品規制値370 Bq/kg
日本の暫定基準値 セシウム137 500 Bq/kg,ヨウ素131 2000 Bq/kg

単純に計算すると食品で500Bq/kgから100Bq/kgに基準値が引き下げられることになります。
家庭で供される食事についてはいくらでも自衛の手段があるので、給食等に関わってくる子供の基準値を検出限界以下に下げて貰いたいです。
そうなると大人の事情で検出限界50とか100Bqとかの測定器がでまわるっと。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://matsudogeiger.blog97.fc2.com/tb.php/164-c7340223

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。