元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
二年間まるっとご無沙汰しております。

丁度二年ぶりの定点観測

単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋

屋内 1階リビング        0.05-0.06
   二階寝室(子供部屋)   0.06
   二階寝室(本来の寝室) 0.06
屋外                 0.09-0.10

下のエントリーにありますように三年前の我が家の屋外の放射線量を基準として、セシウム由来のγ線の減衰率を元に1年後、2年後 、3年後、5年後、10年後、20年後、30年後の放射線量の理論値を計算しました。
今回、理論値0.149μSv/h のところ実測値0.09-0.10μSv/hとなっています。
二年前の理論値と実測値の差が0.04μSv/h、今回は0.049μSv/hですから、風雨による放射性物質の移動や土中への沈殿は原発事故から半年時点からの一年間で0.04μSv/h 相当、次の二年間で0.009μSv/h 相当にあたるかと思われます。
放射性物質の移動は年を経るごとにゆるやかになってきて、今後は理論値と実測値の差も0.049μSv/hから僅かに大きくなる程度でしょう。

我が家の近況ですが、
妖怪ウォッチにはまったり、娘がピアノコンクールで賞をいただいたり、アレルギーを発症して髪の毛を洗うのもゴム手袋だったり、家族でキャンプにはまりつつあったり、実家のイングリッシュゴールデンの体当たりを受けて肋骨にヒビがはいったり、息子がスキー&シュノーケルできるようになったり、iPhone 6 Plusが中々手に入らなかったり、中学受験にてこずったり、娘が眼鏡っ娘になったり、子供たちが毎週友達を10人位連れてきたり。塾だの公園だの習い事だの学校に忘れものだの、夕方は送り迎えに駆けずり回っています。
それから鹿児島のお家を提供してくれていた祖母がこの7月になくなり、久しぶりに鹿児島に行ってきました。

株のほうは始めて五か月後に資金が半分になったりしましたが、うまくアベノミクスに乗っかり、バイオ祭り、ゲーム祭りに参加できたので現在450%。日経平均が9000円台から16000円台まで推移しているので特別上手い訳ではなく。
元トレーダーとは思えないほど、飛びついて狼狽して塩漬けにしたりと右往左往しています。



スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。