元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
丁度一年前、「今後の放射線量の推移」をエントリーしました。
セシウム由来のγ線の減衰率を元に、1年後、2年後 、3年後、5年後、10年後、20年後、30年後の放射線量の理論値を計算しました。

今後の放射線量の推移

上記のエントリーではざっくり0.3μSv/h(自然放射線0.06μSv/h)を基準とし、放射性物質の移動を考慮せず
1年後 :0.252μSv/h
2年後 :0.217μSv/h
3年後 :0.192μSv/h
5年後 :0.166μSv/h
10年後:0.124μSv/h
20年後:0.109μSv/h
30年後:0.099μSv/h

と計算したのですが、我が家の屋外の定点観測地点で計算し直してみました。

一年前の放射線量0.222μSv/hを基準として
(2011年9月7日の値。当時はDRM-BTDで0.272μSv/hだったので自己ノイズ0.05μSv/hを減、自然放射線0.06μSv/h)

1年後 :0.190μSv/h
2年後 :0.166μSv/h
3年後 :0.149μSv/h
5年後 :0.127μSv/h
10年後:0.103μSv/h
20年後:0.093μSv/h
30年後:0.086μSv/h

理論的には0.190μSv/h のところ、実測値は0.15μSv/hとなりました。

去年の9月以降、高圧洗浄機での除染を一回しましたが、ほとんど数値の変化は見られなかった記憶があるので、
ほぼ風雨による放射性物質の移動や土中への沈殿の結果かと思われます。

1年後 :N20*0.04855(80.0%)
2年後 :N20*0.03973(65.4%)

上記の数式(凡人様計算)を元に今回の実測値で減衰率を計算し直すと、
来年の今頃はGammaRAE II Rの計測で0.136μSv/hが理論値となります。

来年の今頃は0.12台が見られるのかしら。
来年も比較のエントリーができれば、と思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。