元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
単位はμSv/h、胸の高さ、GammaRAE II Rにて計測
松戸市中心部よりやや北西の 木造家屋

屋内 1階リビング        0.08-0.09
   二階寝室(子供部屋)   0.12
   二階寝室(本来の寝室) 0.13
屋外                 0.18-0.19

上記計測は昨日のものです。

個人の方の測定で八王子の雪からセシウム・ヨウ素が検出されたとの情報がかけめぐっているようですが、鉛やビスマスのスペクトルと読み間違いしているのではと思っています。今回の雪に関しては通常通りの警戒です。
放射性降下物の増加が気になっていたので、通学の際には子どもにマスクをさせているのですが、今日は湿度もあるのでマスクなしで通学させました。
降下物の増加、瓦礫とゴミの焼却が原因の可能性が高いとの武田先生からのコメントがありました。
ヨウ素の不検出、原発からの風向き・風の強さと降下量の増加が比例しない云々もこれで説明ができそう…と素人ながら納得できるような。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。