元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京都世田谷区は28日、同区八幡山1丁目のスーパー敷地内で、最大で毎時110マイクロシーベルトの放射線量を測定したと発表した。

 同日午後1時半ごろ、区民より「高い放射線が測定された」と通報があり、午後6時50分、文部科学省が測定した。特に高い地点が2カ所あり、うち1カ所は地表面で毎時約110マイクロシーベルト、もう1カ所は毎時約30~40マイクロシーベルトという。

 問題の場所以外の周辺では、特に高い数値は検出されていないという。

引用終わり


続々と高線量のスポットが見つかっていますね。

世田谷ラジウム・柏・郡山駅前・そして世田谷区八幡山。
今回のケースが原発事故由来かどうかはまだわかっていませんが、事故から七ヶ月ののちの短期間で次々と高線量のスポットが発見されることに違和感を覚えます。いままでは市民の通報があっても無視していた?世田谷ラジウムを皮切りにマスコミが大きく報道する判断をした?

今回、区民の通報→文部科学省の測定まで5時間だったようで、迅速な対応は評価できると思います。

追記
Twitterからの情報ですが
世田谷八幡山の核種分析、スペクトルが散乱の関係で見えないらしく、ということは線源はアスファルトの下のかなり奥の方にありそう、とのこと。原発由来ではない可能性が濃厚のようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。