元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
外干し実験三回目です。
定点観測の記事と一緒に書くと、後で検索しづらいかと分けてみました。

同一保管場所にある同一素材のバスタオル
(原発事故後、浴室乾燥機若しくは洗濯乾燥機にて何度か洗濯&乾燥)

A.保管場所からだしそのまま計測
B.通常通り洗濯し外干し15時間。Aの計測後直ぐに計測

α、β、γ線を計測。単位はCPM(1分あたりの放射線カウント数)
DRM-BTDのマイカ窓が対象物から1cmの位置。
安定を待ってから数値を80個取得し平均値を掲載
東北東か→北北東の風 2~3m/s

A15.60

B17.25

今回は差が出易いように、バスタオル2枚を外干ししてみました。
もちろん、比較のための室内干しバスタオルも2枚です。

なじみのあるμSv/hに無理やり換算すると
カウントした核種が全てセシウム137と仮定して
A 0.130
B 0.143

この位の差ですと、誤差の範囲だとおもいますので
3回目の実験でも外干しは問題ないっぽいですね。

明日もその4やります。しつこいぞ~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。