元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DP802iDRM-BTDの数値の比較的をして欲しいとの要望がありましたので

私のDP802iは現行ロットのGM菅が極小サイズのものみたいです。
またプラスチックのボディに囲まれており、β線の検出にやや疑問があります。
(β線はアルミ箔やプラスチックで遮断可能)
DRM-BTDはGM菅がLND712、中程度の大きさ、マイカ窓がついておりα線、β線の検出が可能
但し、ジップロックにいれている為α線は検出してないものと思われます。
ちなみにdigilert100のOEMです。

個人的な感想ですが0.2以下の場合はどちらも同じ様な値に収束する
DRMが0.2~0.6を示す時、DP802は0.15~0.27、まれに0.33を示す

DP802iで地表を計測した場合、0.7まで上昇したことがありますので
その様な場所で比較して近々にUP致します

※コメントからのご指摘により
β線は紙一枚で遮断可能→アルミ箔やプラスチックで遮断可能に訂正いたしました。
ご指摘ありがとうございます。
 
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。