元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「K2N作戦」です。

値の信頼性を高めるためすべて数値の取得は150個
単位はμSv/h

2階寝室の屋根からの放射線によって遮蔽する実験です。

二階の寝室の定点観測地点(寝室中央)に机を設置、
さらにその上に椅子を2客置く。

椅子の上にペットボトルを敷き詰めるような形での実験です。
定点観測の高さよりも若干高い位置での計測となります。

椅子の真下(8cm弱)で計測
0.231

椅子の上にペットボトルを横に2段に重ねた高さ20cm、40×40cm四方の壁を作り、
椅子の真下(8cm弱)で計測
0.166

椅子の上にペットボトルを横に2段に重ねた高さ10cm、40×40cm四方の壁を作り、
椅子の真下(8cm弱)で計測
0.165

厚さ10cmと20cmで逆転してるのはガイガーカウンターの宿命といいますか。
何回か計ればちゃんとした数値に収束するのかしら。
でも今日はここまででギブアップです。

壁の下ぎりぎりで計れば計るほど、遮蔽効果で線量が低くなりました。
20cm離したら、斜めから放射線が入ってくるのでしょう平均0.2くらいに上がりました。

屋根屋根屋根屋根屋恨屋根

悩ましい。

スポンサーサイト
実験君です。

作戦名はコメント欄から「K2N作戦」と名付けました。
子どもを2階で寝かせることができますように作戦です。

値の信頼性を高めるためすべて数値の取得は150個


定点観測地点、2階寝室を計測(部屋の中央です)

0.216μSv/h

腰高窓2面の桟(?)の部分にペットボトルを並べ上記地点で計測(厚さ10センチ強)

0.217μSv/h


残念ながら効果を感じることはできませんでした。

気を取り直して、腰高窓に面している机の上に線量計を置いて計測

0.219μSv/h

そのまま線量計を囲む形で前(腰高窓方面)・右・左の三面にペットボトルを並べる(厚さ10センチ強)

0.179μSv/h

気をよくして上記の状態のまま上にペットボトル寝かせてを積み上げる(厚さ10センチ強)
丁度ペットボトルで作ったかまくらの中に線量計がある状態です。

0.157μSv/h

郡山では0.2→0.1でしたので、の厚さ・面積がまだまだ足りないようですが
の遮蔽力を感じることができました。

屋根からどのくらいの放射線がきているか知りたいので
明日は上のみの遮蔽で、の厚さ・面積を増やして実験君です。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。