元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
下記のツィートを見つけました。

要約
GM菅のガイガーカウンターはSvで表示させる時、γ線のみ検出させることが正しい。

なぜなら、γ線はβ線よりずっと通り抜け易い、つまり、機械に信号をのこさない。
だから測定器が少しでも放射線を検出すると高い値をだすように校正されている。
一方β線は、一個入ると測定機は必ず反応する。
したがって、γ線で正しくSvを出すように校正されている測定器で
β線 を計るとかならず大きすぎる値になる。

β線はアルミ等で遮断される為、計測機をアルミ箔でくるむ等してμSv/hを測定する


β線の影響も心配、という方もいらっしゃるかもですが
β線は皮膚で止まるとのこと。
皮膚細胞ははあまり分裂しないので、放射線の影響は少ない。
γ線は体の奥深くにもはいれる。したがってγ線は主に体の中に影響をおよぼす。

公的機関で行われている測定は、γ線を検出するシンチレーション検出器を
使用していることから数値の比較という目的に於いては、
同様にγ線のみを検出しSv単位での報告をしたいと思っています。

これからの報告には、アルミ箔でくるんだ測定器を使用し、γ線のみ検出した数値で行います。


スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。