元兼業主婦の放射線対策

千葉県北西部から東京都千代田区中心に放射線の測定をおこないます。また家庭でできる放射線量低減実験を随時UPしていきます。松戸市内の木造家屋にて定点観測実施中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
丁度一年前、「今後の放射線量の推移」をエントリーしました。
セシウム由来のγ線の減衰率を元に、1年後、2年後 、3年後、5年後、10年後、20年後、30年後の放射線量の理論値を計算しました。

今後の放射線量の推移

上記のエントリーではざっくり0.3μSv/h(自然放射線0.06μSv/h)を基準とし、放射性物質の移動を考慮せず
1年後 :0.252μSv/h
2年後 :0.217μSv/h
3年後 :0.192μSv/h
5年後 :0.166μSv/h
10年後:0.124μSv/h
20年後:0.109μSv/h
30年後:0.099μSv/h

と計算したのですが、我が家の屋外の定点観測地点で計算し直してみました。

一年前の放射線量0.222μSv/hを基準として
(2011年9月7日の値。当時はDRM-BTDで0.272μSv/hだったので自己ノイズ0.05μSv/hを減、自然放射線0.06μSv/h)

1年後 :0.190μSv/h
2年後 :0.166μSv/h
3年後 :0.149μSv/h
5年後 :0.127μSv/h
10年後:0.103μSv/h
20年後:0.093μSv/h
30年後:0.086μSv/h

理論的には0.190μSv/h のところ、実測値は0.15μSv/hとなりました。

去年の9月以降、高圧洗浄機での除染を一回しましたが、ほとんど数値の変化は見られなかった記憶があるので、
ほぼ風雨による放射性物質の移動や土中への沈殿の結果かと思われます。

1年後 :N20*0.04855(80.0%)
2年後 :N20*0.03973(65.4%)

上記の数式(凡人様計算)を元に今回の実測値で減衰率を計算し直すと、
来年の今頃はGammaRAE II Rの計測で0.136μSv/hが理論値となります。

来年の今頃は0.12台が見られるのかしら。
来年も比較のエントリーができれば、と思っています。

minaminamin様お久しぶりです。
私の拙い計算結果をご活用いただいてありがとうございます。
私の計算結果より速いペースで放射線が減衰しているのは、とても喜ばしい事です。
ただし、
http://bousai.maechan.net/nuclear/
のデータを見ていると、最近は地球温暖化のせいか、雨が降らないので、減衰のペースが下がっているようにも感じられます。
また最近、
http://www.asahi.com/science/update/1002/TKY201110020407.html
に出ているように、北極にもオゾンホールが出来たという話もあり、放射能やら地球温暖化やら紫外線やらで大変ですが、出来る限り何とかしたいと思っております。

2012.09.11 01:20 URL | 凡人 #sLriVcXg [ 編集 ]

凡人様
お久しぶりです。
凡人様に計算していただいてから、丁度一年のいい機会だったので実測値と比較してみました。

鹿児島ではバケツをぶちまけたような雨が何度かあったのですが、関東は雨が少なかったみたいですね。
理論的な減衰のペースもだんだん落ちてくるので、今までのように順調に下がってはくれないのかな。

2012.09.11 16:48 URL | minaminamin #- [ 編集 ]

minaminamin様
>理論的な減衰のペースもだんだん落ちてくるので、今までのように順調に下がってはくれないのかな。
http://bousai.maechan.net/nuclear/
の各地のデータの雨があまり降らなくなった7月以前と以降と比べると、放射能の減衰率が低下したように見えたような気がしたのですが、顕著な差ではないので、気のせいという事もあるかもしれないですね。

話は変わりますが、利根川水系のダムの水が回復するよう、また、各地の放射能が減衰するよう、一刻も早く雨が降ってもらいたいものですね。

2012.09.12 17:29 URL | 凡人 #sLriVcXg [ 編集 ]

凡人様

>顕著な差ではないので、気のせいという事もあるかもしれないですね。

来年検証してみますね。

取水制限は11年振り…ここ一週間は雨降らないみたいですね。

2012.09.13 15:44 URL | minaminamin #- [ 編集 ]

minaminamin様
やっぱり、
http://bousai.maechan.net/nuclear/
の特に福島県の線量が高い場所のデータを見ると、7月や8月より、結構雨が降った9月の方が減衰率が多いようですね。
やはり、酸性雨のパワーかもしれないですね。
ただし、理論値以上減衰した分は、川や低地や海などに流れて溜まっている筈なので、手放しには喜べないとは思いますが。

PS.
と思ったら↓のような記事がありましたので、どうかご参考にしてください。
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/10/blog-post_5566.html

2012.10.02 00:27 URL | 凡人 #sLriVcXg [ 編集 ]

こんにちは☆
順調に減っていて良かったです。
特に1階の線量が低くなりましたね!
先日、NHK のチェルノブイリの番組で
子供の健康被害が深刻だと紹介されてました。
あれを見ると、怖いですぅ。
私たちの孫の世代が心配。

2012.10.03 00:48 URL | はとまま #- [ 編集 ]

凡人様
コメントありがとうございます。
今日も雨ですね。

紹介いただいた記事拝見しました。
鹿児島でも灰が集まるところは決まっていて、灰さらいをしないとどんどん集まってしまっていました。
除線が進んだら、大規模に側溝さらい等をする必要がありますね。


はとまま様
こんにちは。
空間線量は本当にさがってきていて、嬉しく思っています。
NHKの特集、私も見てみます!どこかに落ちてないかな。

2012.10.03 15:48 URL | minaminamin #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.12.01 02:38  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.02.14 16:35  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://matsudogeiger.blog97.fc2.com/tb.php/215-784228e2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。